サービス内容

会議室
  • 法人、個人事業主のお客様の税務顧問
  • 所得税確定申告
  • 相続税申告
  • 税務調査の立会
  • クラウド会計の導入支援
  • 起業、会社設立の支援
  • 融資支援
  • 補助金・助成金等の提案・支援
  • M&A支援

税務の1年間のスケジュール

3月決算の場合の、1年間のスケジュールになります。

事業年度スタート(4月)
新しい事業年度のスタート時には、年間の目標設定や旅費規程などの規程の整備を行います。前年の申告を踏まえて、新年度から実施できる節税策を提案します。
役員報酬の決定・見直し(6月)
役員報酬は、期首から3か月以内に決定することが義務付けられています。役員報酬は節税の最重要項目ですので、「役員報酬シミュレーション」を用いてお客様と一緒に考えさせていただきます。
源泉所得税の計算・納付(7月・1月)
10名未満の会社の場合、毎年7月10日と1月20日に、半年間の間に役員報酬や給料、専門家報酬から天引きした「源泉所得税」を計算して納付することになります。
年末調整(12月)
生命保険の控除証明書をお預かりし、役員や従業員の1年間の所得税を計算します。その結果、各人の還付税額等が計算され、源泉徴収票を作成します。
法定調書の提出・市民税の報告(1月)
法人や個人事業主は、法定調書を作成し、毎年1月31日までに税務署に提出する義務があります。これらの法定調書を作成し、提出を行います。また、市役所へは、市民税の報告を行います。
決算シミュレーション(1月)
決算の3か月前からは「決算シミュレーション」を行います。それまでの実績をベースに、決算までの予測をお伺いし、最終的な利益や納税額をシミュレーションします。また、この時点からでも可能な節税をご提案します。
決算申告(5月)
決算処理、決算書・内訳明細書の作成、法人税・消費税・都道府県・市町村民税申告書等、すべての書類をお作りし、せとうち税理士法人から各役所へ提出します。各役所の受領印が押された決算書一式をお送りいたします。